気になる話題・オススメ情報・お役立ち情報などを書いています。

*

大人になってから発症する「大人喘息」の兆候とは?

      2015/09/15

最近増えているという大人喘息についてまとめました。



スポンサーリンク



近年、大人の喘息の発症率が高くなっており、約20年で3倍になっているそうです。

その症状は子ども以上に深刻で、2012年のデータでは、

年間1874人もの人が、この病気による窒息で亡くなっているそうです。

 

大人喘息の4つの兆候

風邪が長引いたら大人喘息だった

症状が風邪と似ています。

風邪のあとに、咳が長引く状況が続く場合には、病院に行ってください。

血液検査やX線検査では、喘息は判明しづらいので、

正しい診断を受けるためには、症状をこと細かく伝えることが大切です。

 

ヒューヒューやゼーゼーという音が出る

喘息の咳は風邪の咳とは異なり、笛を吹くような音を伴います。

 

午前2時~4時頃が魔の時刻

日中は、脳からの指令で副腎皮質ホルモンが作られることで喘息の咳を抑えていますが、

睡眠時は脳の活動が低下し、副腎皮質ホルモンの分泌が減るので、咳が出ます。

そのため、この時間帯に発作が起きやすくなります。

 

運動がきっかけで咳が出る

運動をすると呼吸が速くなります。

呼吸が速くなると、気道の乾燥や温度差が刺激となって、咳が誘発されることがあります。

運動をして咳が誘発される人は、喘息の可能性があります。

 

他にもこのようなことで喘息が誘発されます

香水を嗅いだり、アルコールを飲んだりなど、刺激物を摂取した場合、喘息が悪くなる場合があります。

また、湿布薬や感冒薬に含まれるアスピリンによって、喘息が誘発されることがあります。

 

子どもの喘息と大人の喘息はどう違う?

子どもの喘息

子どもは、体が成熟するに従い、免疫が共に成熟していきます。

そのため、多くの場合、成長と共に喘息が改善されます。

 

大人の喘息

大人は、免疫がすでに成熟してしまっているので、良くなっていくとはあまり考えられません。

従って、完治が難しく、長期化し、重症化するリスクが増えます。

 

以上です。

俳優の長谷川初範さんが、23歳で喘息になり、20年以上苦しんでいたそうです。

重症の気管支喘息だったため、仕事ができなくなり、俳優業を2年間も休業していたそうです。

今は新しい薬によって症状が驚くほど改善し、発作は全く起こっていないそうです。

大人になってからしつこい咳に悩まされている方は、気を付けてください。

 - 健康・医療

スポンサーリンク

  こちらの記事もいかがですか?

無題
悪性の皮膚ガン「メラノーマ」 ほくろやシミとの見分け方

2014年09月18日「あのニュースで得する人損する人」、2015年6月19日「 …

無題
インフルエンザの予防接種 受ける?受けない?

今年も子どもの通う小児科より、インフルエンザの予防接種の案内ハガキが届きました。 …

46241901
ダイエット甘味料が、糖尿病のリスクを上げる!?

ネイチャー誌で「人工甘味料が、糖尿病になるリスクを高める可能性がある」との論文が …

無題
膝の痛みを治す方法 – 自分できる簡単運動法とは?

膝痛の専門家によると、膝痛の99%は自分で治せるそうです。世界基準のヒザ痛治療法 …

無題
葛根湯 良く効く人と効かない人

なぜ人によって効果があったりなかったりするのでしょうか?葛根湯の力を引き出す飲み …

no image
【加湿器病】なりやすい加湿器となりにくい加湿器とは?

あなたのその咳、風邪ではなく、加湿器によるアレルギーが原因かもしれませんよ。 ス …

無題
糖尿病改善に「えのき氷」と「スリーブバイパス手術」

2014年09月25日放送、日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」よりまと …

bbcd6d61d16289a0a51105e3c26bda15_s
今井雅之さんが末期がん – がんになると激ヤセする理由

今井さんの姿に衝撃を受けた方も多いと思います。今井さんに限らず、がんになると何故 …

107905
【スコーロン】蚊に刺されない防虫服 – その効果や安全性は?

着るだけで防虫対策OKな「スコーロン」。去年から注目が集まっています! スポンサ …

a20edad0f55755f0cfa8619763a82139_s
「フリーズ脳」のチェック方法と予防法

40~50代で急増するという「フリーズ脳」。あなたにも覚えがあるかもしれませんよ …

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>