気になる話題・オススメ情報・お役立ち情報などを書いています。

*

RSウイルス感染症による入院期間や入院費用は?

      2015/09/15

今年は、各地でRSウイルスの感染が拡大しているそうです。ウチの子も入院経験があります。RSウイルスと入院についてまとめてみました。



スポンサーリンク



RSウイルス感染症ってどんな病気?

RSウイルスの感染による、乳幼児の代表的な呼吸器感染症です。

生後1歳までに半数以上、2歳までにほぼ100%の子どもが感染すると言われています。

 

母親からの抗体では感染は防げません。

 

初感染の乳幼児の約7割は、咳・発熱・鼻水などの風邪症状ののち軽快しますが、

約3割は咳が悪化し、喘鳴、呼吸困難などの症状が起こり、

場合によっては、細気管支炎や肺炎へ進展することがあります。

 

生後数週間から数ヶ月の赤ちゃんに感染すると、

重篤な症状を引き起こすことがあるので注意が必要です。

 

特に、生後1ヶ月未満の新生児が感染すると、診断が困難な場合があり、

突然死に繋がる無呼吸発作を起こすことがあります。

 

そのため、子どもが感染しないよう、

周りの大人が細心の注意を払う必要があります。

 

日本では、秋から冬にかけて流行し、ピークは12月頃です。

 

感染方法は、飛沫感染や接触感染で、

空気感染するとの報告はありません。

 

感染力はとても強く、

治療方法は、特効薬はなく、対症療法のみです。

 

感染を防ぐためには、マスクの着用や手洗い、

日常的に触れるおもちゃ・ドアノブ・手すりなどの

こまめなアルコールや塩素での消毒が大切です。

 

RSウイルス感染症による入院

上の子が幼稚園の年中、下の子が2歳になる直前の年末のことです。

 

幼稚園の2学期も終わりに近づいてきた頃、上の子が咳をし始めました。

いつもの風邪より咳が酷く、発熱もありましたが、1週間ほどで軽快していきました。

 

すると今度は、下の子が咳をし始めました。

 

「上の子からもらっちゃったな」と思い、

かかりつけの病院でお薬をもらい、様子を見ていました。

 

上の子と違って、下の子は高熱が出ましたが、

まだ小さいから抵抗力がないのだろうと思っていました。

 

熱は上がったり下がったりを繰り返し、

なかなか解熱しません。

咳も日に日に酷くなってきます。

 

年末で、かかりつけの病院が冬休みに入ってしまったので、

近くの休日当番の病院に行きました。

そこでジスロマックが処方され、経過を見ることになりました。

発熱4日目でした。

 

その2日後の朝、下の子の様子がおかしいことに気づきました。

 

呼吸が浅く、苦しそうに息をしています。

慌てて休日当番の病院に連れて行きました。

 

問診表で呼吸がおかしいことを書いておいたので、

すぐに看護師さんが血中の酸素濃度を測りに来られ、

90%程度になっていることがわかりました。

(95%以上が正常とされています)

 

待合室は、診察を待つ人で混雑していましたが、

すぐに診察室に通してもらい、診察を受けることができました。

 

色々な病気が流行している時期だったので、

インフルエンザ・RSウイルス・アデノウイルスの検査を行い、

結果、RSウイルスに感染していることがわかりました。

 

血中酸素濃度が低下していたので、即入院が決定。

1月2日から1週間、入院することになりました。

 

呼吸が苦しかったのは、細気管支炎になっていたのが原因でした。

 

入院中は、一日中、酸素マスクをつけ、点滴を入れていました。

 

初めは酸素マスクを嫌がっていた下の子でしたが、

酸素マスクをすると呼吸が楽になることがわかってからは、

自分から酸素マスクをせがむようになりました。

 

入院していたのは4人部屋で、ウチの子が1番初めに入りましたが、

その後、次々とRSウイルスによる患者さんが入ってきました。

 

みんなうちの子より小さい子ばかりで、

とても咳が酷く、本当にかわいそうでした。

 

入院して3~4日はあまり改善が見られない状態でしたが、

5日目くらいから回復し始め、

7日目のお昼過ぎに退院許可が出ました。

 

入院費用は、乳幼児は医療費が無料なので、

食事代4,680円だけでした。

 

下の子にとって、この入院はとてもショックな出来事だったらしく、

入院中から退院後2~3日は、一度も笑うことがありませんでした。

 

でも週末に上の子が家に帰ってきて、

(私が入院に付き添わなければいけなかったので、

おばあちゃんの家にお泊りしていました)、

上の子が下の子に話しかけた時、

やっと笑ってくれました。

久しぶりに笑顔が見られてホッとしたのを覚えています。

 

ウチの子のように、2歳前でRSウイルスで入院になるのは、珍しいことかもしれません。

特に持病があるということもありません。

かかりつけの病院で、やや喘息の気があるとは言われていましたが、

特に喘息の治療をしていたということもありませんでした。

その時、たまたま免疫力が落ちていたのでしょうか。

 

RSウイルスは、普通の風邪症状で終わることが多いですが、

中にはこのように入院になる子も一定数いる病気です。

そして、月齢が小さいほど、重症化の危険があります。

 

特に産まれて6ヶ月未満の赤ちゃんのいるご家庭は、

赤ちゃんが感染しないよう、十分に注意してあげてください。

 - 健康・医療, 子育て

スポンサーリンク

  こちらの記事もいかがですか?

無題
MERS感染拡大の背景に「スーパースプレッディング現象」

かつてSARSで話題になったスーパースプレッダーが、MERSでも発生しています。 …

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s
肩こりの達人が教える肩こり改善法 – 自宅でできる3つの方法 –

肩こりのゴッドハンドが、自宅で簡単にできる肩こり改善法を3つ紹介してくれました。 …

無題
子どもの頭が良くなる習い事?脳学者11人のオススメ習い事TOP5

9月25日放送、フジテレビ「バイキング」で紹介されていました。子どもの習い事って …

fc9eac9148edd8730269d28f52b24a7e_s
耳掃除で、鼓膜が破れたらどうなるの?

鼓膜が破れたなんて、大変なことをしてしまったと思ってしまいますよね。痛みは?聞こ …

7c544e3b8096520e786771afbf39842d_s
喉が痛くなりそう・・・風邪の引き始めには「マヌカハニー」

これからの季節になくては困る、私の必須アイテムです。 スポンサーリンク 最近、朝 …

無題
自宅でできる検査キット人気No.1「がんリスクチェッカー」とは?

難しい?痛い?精度は?自宅でできる血液検査キットの気になることについてまとめまし …

107905
【スコーロン】蚊に刺されない防虫服 – その効果や安全性は?

着るだけで防虫対策OKな「スコーロン」。去年から注目が集まっています! スポンサ …

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s
頭痛の原因と対策 – 対処法を間違えると悪化させる可能性が!?

偏頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛など、日本人の4人に1人が頭痛で悩まされているそうで …

51d2687dff0eabdc2d0fdfbe5b151541_s
中1の不登校 – なぜ新学期に不登校になってしまうのか?

新学期早々、子どもが不登校になってしまう原因・兆候などをまとめました。 スポンサ …

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_06_YOU86_ninpusan-thumb-1000xauto-16106
リンゴ病が流行!妊娠中に感染してはいけない理由とは?

リンゴ病は子どもだけでなく大人にも感染します。特に妊娠初期~中期の妊婦さんは要注 …

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>