気になる話題・オススメ情報・お役立ち情報などを書いています。

*

「サイトウさん」斎藤・斉藤・齋藤・齊藤の違いとは?

      2015/09/14

12月14日放送「この差って何ですか?」という番組で解説されていたので、まとめてみました。



スポンサーリンク



「サイトウ姓」は、平安時代、伊勢神宮の近くにあった役所「斎宮寮」の長官を務めていた

藤原氏の一族である藤原叙用(ふじわらののぶもち)が、

「斎宮寮の藤原氏」ということから「斎藤」と名乗ったのが始まりだそうです。

 

つまり、「斎藤」という漢字が本来正しいそうです。

 

では、なぜ色々な漢字の「サイトウ」があるのでしょうか。

 

それは、「役人が間違えたから」だそうです。

 

もともと名字は、貴族や武士といった高貴な人しか使用が許されていなかったのですが、

明治になって戸籍を作るために、国民全員に名字を名乗る事が義務付けられました。

 

その際、庶民は役所に行って名字を申請したのですが、

役人に自分の名字を伝える時、文字ではなく口頭で伝えたそうです。

 

当時、全ての役人が今のように読み書き出来るわけではなく、

全ての名字を知っているわけでもないので、

「斎藤」と書くべきところを、役人が思い思いの「サイトウ」を書いてしまい、

4つの「サイトウ」が出来てしまったんだそうです。

 

つまり、4つの「サイトウ」の漢字についてまとめると、

  • 「斎藤」:本来のサイトウ
  • 「齋藤」:旧字体を使ったサイトウ
  • 「斉藤」:書き間違い
  • 「齊藤」:旧字体の書き間違い

ということになるそうです。

 

「斉」の読み方は、本来「サイ」ではなく「セイ」ですね。

 

現在はどの漢字の「サイトウ」も定着していて違和感はありませんが、

「斉藤」と「齊藤」の由来が「書き間違い」というのは、何だか悲しいですね。

 - 生活お役立ち情報

スポンサーリンク

  こちらの記事もいかがですか?

無題
ミルクフォーマーで美味しいカフェラテを作ろう♪

お家で本格的で美味しいカフェラテを楽しむ方法をご紹介します。 スポンサーリンク …

96ef19488326556ec6e5308339dc435c_s
行くなら今!?旅行のプロがオススメする「関東近郊の穴場観光スポット」

10月9日「バイキング」で紹介された、旅行のプロ25人に聞いた「本当は教えたくな …

ca4f3450cb4fa3756220d6e3a0dd6c80_s
紅葉の季節 秋のレジャー人気ランキング

秋はお出かけするには最高の季節ですね。紅葉美しく、食べ物もおいしいこの季節、みな …

db814b8d92aa020376bc9bb2f93ed2db_s
遺品を整理してもらいたい・・・遺品整理業者ってどうなの?

12月18日放送「あのニュースで得する人損する人」で紹介された、「あんしんネット …

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s
【主婦のプチ稼ぎ】簡単・稼げる最新のお仕事はこれ!

2015年4月15日「バイキング」で紹介された、主婦でも簡単に稼げるプチ稼ぎとそ …

462d1436f677012c752cd6d6c77cb142_s
主婦必見!スーパーで賢く買い物&食費を節約する方法

チラシの見方・安くなるタイミング・商品の選び方など、スーパーの賢い利用法などをま …

0f2c649114e4abe72ac9ee348af209e3_s
静電気を防止して、髪の広がりを抑えてくれるブラシを紹介!

あのうっとおしい静電気による髪の広がりを抑えて、さらさらまとまる髪に仕上げてくれ …

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s
懸賞の当選確率を大幅にアップさせる3つのテクニックとは?

当選回数3,000回・総額3,500万円以上を当てた懸賞の達人が、当選確率を上げ …

無題
裁判員に選ばれるとどうなるの?服装や1日のスケジュールや日当は?

11月9日放送「ニュースな晩餐会」よりまとめました。 スポンサーリンク 裁判員は …

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
おすすめの炊飯器はこれ!家電のプロが7機種を紹介【2015】

早炊き・保温・安さ・・・主婦のニーズに応える炊飯器をご紹介します! スポンサーリ …

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>