気になる話題・オススメ情報・お役立ち情報などを書いています。

*

静電気を防止して、髪の広がりを抑えてくれるブラシを紹介!

      2015/09/14

あのうっとおしい静電気による髪の広がりを抑えて、さらさらまとまる髪に仕上げてくれるブラシを紹介します♪



スポンサーリンク



乾いた髪をブラシで梳かすと、

フワ~っと髪の毛が広がってスタイリングがしにくい!

というお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

 

特に乾燥する冬にはよく起こりますよね。

 

この髪の広がりの原因が「静電気」であることは、みなさんご存知だと思います。

では、その静電気の電圧がどれくらいになるかご存知でしょうか?

 

なんと2万ボルト以上にもなるそうなんです!

 

髪を梳かすたびに静電気が発生していたら、

ただでさえ乾燥で痛みがちな髪が、

さらにダメージを受けてしまいます。

 

髪にとって静電気は1つもいいことがありません。

 

では、静電気を防ぐにはどうすればいいのでしょう?

 

髪を梳かす時に発生する静電気は、

髪の乾燥と摩擦が原因なので、

その対策をしてあげればいいのです。

 

ブラッシング前に「椿油」「洗い流さないトリートメント」をつけるという方法が簡単ですね。

他には、天然素材のブラシを使ったり、部屋を加湿するというのも効果的です。

 

そしてもう1つ。

この記事では「静電気を抑えてくれるブラシ」を紹介したいと思います。

 

そのブラシは、「音波振動磁気ヘアブラシ」と言われています。

 

音波振動磁気ヘアブラシ

 

上の画像はコイズミから発売されているヘアブラシですが、

毎分6000回転以上の音波振動が絡まりあった髪を解きほぐし、

1000ガウスの磁気パワーが静電気をカットしてくれるんです。

 

このブラシで髪を梳かすだけで、

静電気を防いで、サラサラツヤツヤの髪になると評判です。

 

普通のブラシタイプと折りたたみタイプが発売されているので、

外出時にも持ち運びができますね。

 

お値段はお店によりますが、安いところで2,000円程度で購入できます。

 

静電気でお悩みの方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 - 生活お役立ち情報

スポンサーリンク

  こちらの記事もいかがですか?

a765c08c5ce668ae5e5e04d343ecda22_s
【年末年始】旅行や帰省、お出かけ前にやるべき防犯対策とは?

年末年始は、1年で一番空き巣被害が多いそうです。被害に合わないためにはどうすれば …

無題
味覇(ウェイパー)がなくなるってホント!?

これ1つで美味しい中華料理ができる「中華万能調味料ウェイパー」。なくなるのではな …

e1e7ad3eea45c55a63826e7784672832_s
今売れてます!アイデア収納グッズをご紹介!

便利な収納グッズを使って、お部屋をきれいに片付けましょう! スポンサーリンク A …

無題
【コストコ】この春注目の新商品&狙い目商品は?【2015】

2015年4月15日放送「ヒルナンデス!」よりまとめました。 スポンサーリンク …

29022142
【防犯対策】空き巣が狙うポイント – 空き巣の4つの手口とは? –

空き巣に入られないため、又は、被害を最小限に抑えるためには、空き巣の手口を知るこ …

無題
これは便利!美味しい!今注目の冷凍食品を紹介!

お弁当・昼食・夜食の一品に♪日々進化する冷凍食品の売れ筋&オススメ商品を紹介! …

N745_zamanohimawari_TP_V
【2015年】今年の夏、暑さはどうなる!?梅雨やゲリラ雷雨は?

「3か月予報」を元にした気象予報士の方の解説をまとめました。 スポンサーリンク …

無題
ノンフライ料理もできる「コンベクションオーブン」とは?

「オーブンレンジ」や「オーブントースター」とどこが違うの?どんな料理ができるの? …

無題
客室乗務員さんに大人気!フェスティバロの「唐芋レアケーキ」

10月9日の「ひるおび!」で紹介されました。鹿児島空港でスイーツ売上げNo.1の …

96d732da52738912afdf0400f8dee7da_s
研ぎ方で味が変わる!ご飯が美味しくなるお米の研ぎ方

五つ星お米マイスターの西島さんオススメのお米の研ぎ方です。味が全然違うそうですよ …

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>