気になる話題・オススメ情報・お役立ち情報などを書いています。

*

お祝いや母の日で大人気!プリザーブドフラワーのメリットとデメリット

      2015/09/12

長期間きれいなお花が楽しめる「プリザーブドフラワー」、正しく保管しないとお花が早く劣化してしまうんです。



スポンサーリンク



プリザーブドフラワー1

 

入学・卒業・結婚・退職・母の日など、

色々な場面で贈るプレゼントとして人気の高いプリザーブドフラワー。

 

その魅力は、何と言っても長期間美しい姿を保ち続けてくれることですよね。

 

「プリザーブドフラワーは、ずっとキレイなまま変わらない」

そう思っている方もいらっしゃるのではないかと思います。

私もそう思っていました。

 

でも実際は、プリザーブドフラワーにも寿命があります。

しかも、とても繊細なお花なので、正しく保管しないと痛みが早くなってしまうんです。

 

大切なお花が直ぐに痛んでしまっては悲しいですよね。

 

そこで、プリザーブドフラワーのメリット・デメリット・正しい保管方法などをまとめてみました。

 

プリザーブドフラワーの弱点を知り、きちんと管理してあげれば、

長期間、きれいな状態を保てますよ!

 

そもそもプリザーブドフラワーって何?

プリザーブドフラワーというのは、1991年、フランスのヴェルモント社が発表した、

新鮮な生花を「脱色→着色→乾燥」することによって作られた長寿命のお花です。

生花とほとんど変わらないみずみずしさが特徴です。

正しく保管すれば、約10年はそのままの美しさを保つことができると言われています。

着色料は、人体に無害なのものが使われているので安心です。

プリザーブドフラワーは、ギフトとしてだけでなく、習い事としても人気があります。

 

プリザーブドフラワーのメリット

寿命が長いので、長期間みずみずしさを保ったまま咲き続けてくれます。

水分を含まないので、生花に比べると軽く、持ち運びに便利です。

面倒な水やりの必要が全くないので、旅行などで長期間家を空けても安心です。

花粉がないので、花粉症の心配がありません。

着色するので、生花にはない珍しい色の花があります(「青色のバラ」が人気です)。

 

プリザーブドフラワーのデメリット

無臭なので、生花のように香りを楽しむことはできません。

生花に比べると硬く柔軟性がないので、衝撃に弱いという特性があります。

紫外線を浴びると、色あせしてしまいます。

布や花同士が触れていると、色移りすることがあります。

湿気に弱く、また乾燥しすぎも花を傷めるので、適度な湿度を保つ必要があります。

 

プリザーブドフラワーの正しい保管方法

劣化を防ぐため、高温多湿を避けましょう(最適な環境は、湿度30~50パーセント、温度18度~22度です)。

色あせを防ぐため、直射日光の当たる場所に置かないようにしましょう。

乾燥を防ぐため、エアコンやヒーターの風が直接当たる場所は避けましょう。

色移りを防ぐため、壁やカーテンなどが触れる場所には置かないようにしましょう。

ホコリから湿気を吸収してしまうため、ホコリがかかっていたら取り除きましょう。

湿気やホコリを防ぐ一番いい方法は、ケースに入れて飾ることです。

ケースに入れずにそのまま飾る場合は、浴室やキッチンなど湿度の高いところは避け、出来るだけ涼しく、風通しの良い場所に飾ってください。

 

 

以上です。

私は以前、お花の教室に通っていて、

そこでプリザーブドフラワーのアレンジメントを作ったことがあります。

まだその時の作品が家に飾ってありますが、あまり置き場所に気をつけなかったため、

ホコリがかかり、お花も劣化しています。

ホコリのお手入れは、お花を壊してしまいそうでとてもやりにくいので、

初めからケースに入れておけば良かったなと思っています。

 

日本の高温多湿な気候は、プリザーブドフラワーに適した環境ではないため、

2~3年は色鮮やかな状態を保つことができますが、

その後は、だんだん色褪せてきます。

でも、正しく保管していれば、10年は楽しめるそうです。

 

できるだけ長く、きれいな状態のお花を楽しめるよう、

きちんと保管してあげてくださいね!

 

【プリザーブドフラワー関連記事】

入院のお見舞いでプリザーブドフラワーはOK?NG?

 - 生活お役立ち情報

スポンサーリンク

  こちらの記事もいかがですか?

無題
【激安】ワンコインサービス – 健診・結婚式・引っ越し・ヘアカットまで!?

健康診断・結婚式・引越し・ヘアカット、これらがワンコインでできるんです。なぜこん …

8a06a20de63baba87d35675f5d25f0e5_s
芯が折れないシャーペン・水に濡れても大丈夫なメモ帳など、最新文房具を紹介!

他にも、便利な付箋、消せるマーカー、安全なクレヨンなど、今注目されている文房具を …

96ef19488326556ec6e5308339dc435c_s
行くなら今!?旅行のプロがオススメする「関東近郊の穴場観光スポット」

10月9日「バイキング」で紹介された、旅行のプロ25人に聞いた「本当は教えたくな …

無題
212キッチンストアのおすすめキッチングッズとは?

212 KITCHEN STORE オススメ!本当に使える便利なキッチングッズの …

無題
安くてコンパクトで暖かい、おすすめカーボンヒーター

口コミで評判が良かったので、私も去年買いましたが、本当に暖かくておすすめです! …

無題
ノンフライ料理もできる「コンベクションオーブン」とは?

「オーブンレンジ」や「オーブントースター」とどこが違うの?どんな料理ができるの? …

無題
【コストコ】この春注目の新商品&狙い目商品は?【2015】

2015年4月15日放送「ヒルナンデス!」よりまとめました。 スポンサーリンク …

96d732da52738912afdf0400f8dee7da_s
研ぎ方で味が変わる!ご飯が美味しくなるお米の研ぎ方

五つ星お米マイスターの西島さんオススメのお米の研ぎ方です。味が全然違うそうですよ …

無題
客室乗務員さんに大人気!フェスティバロの「唐芋レアケーキ」

10月9日の「ひるおび!」で紹介されました。鹿児島空港でスイーツ売上げNo.1の …

db814b8d92aa020376bc9bb2f93ed2db_s
遺品を整理してもらいたい・・・遺品整理業者ってどうなの?

12月18日放送「あのニュースで得する人損する人」で紹介された、「あんしんネット …

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>