気になる話題・オススメ情報・お役立ち情報などを書いています。

*

リンゴ病が流行!妊娠中に感染してはいけない理由とは?

      2015/09/15

リンゴ病は子どもだけでなく大人にも感染します。特に妊娠初期~中期の妊婦さんは要注意です。なぜ妊婦さんは感染してはいけないのでしょうか?



スポンサーリンク



りんご

 

今年、リンゴ病が大流行しています。

リンゴ病は、ほぼ5年ごとに流行しているのですが、今年がその年に当たるようです。

下の表をご覧ください。

 

りんご病

 

この表は、東京都感染症情報センター「東京都感染症週報20週」の資料から引用したもので、

リンゴ病の流行状況を表にしたものです。

 

ご覧の通り、例年に比べてとても流行していることがわかります。

リンゴ病は、年始から7月上旬頃にかけて増加する傾向があります

 

リンゴ病は、正式には「伝染性紅班」といいます。

よく子どもの間で流行するウイルス感染症です。

 

この病気になると、ほっぺがリンゴのように赤くなるのは有名ですね。

発疹が出る前に、咳・発熱(微熱)・鼻水・鼻づまりなどの風邪症状がみられることがあります。

その後、お腹・腕・おしりなどに赤い斑点やまだら模様が現れてきます。

 

リンゴ病は、一度感染したら再び感染することはありません。

 

子どもの時に感染し、大人になるまでに免疫を獲得する人が多いと言われています。

どれくらいの大人が免疫を持っているか調べてみたのですが、

30~75%とかなり開きがあったので、どれが本当かわかりませんでした。

 

大人になってから感染すると、「関節炎」を発症することがよくあるそうです。

でも、リンゴ病の典型的な症状がない場合も多く、

「ただの風邪だと思っていたらリンゴ病だった」ということもあるそうです。

 

普通の大人がリンゴ病にかかっても、特に問題になることはありません。

でも、感染したのが「妊娠中」であれば話が違ってきます。

 

妊婦さんがリンゴ病になると、お腹の赤ちゃんにも感染してしまう可能性があります。

 

特に「妊娠20週未満の赤ちゃん」がリンゴ病に感染した場合、

命に係わることがあります。

 

リンゴ病のウイルスに感染すると、一時的に赤血球が作り出せなくなります。

すると、赤ちゃんはお腹の中で重症の貧血になってしまいます。

貧血がさらに進むと浮腫みがひどくなって(胎児水腫)

残念な結果になってしまうことがあります。

 

「妊娠20週以降の赤ちゃん」が感染した場合は、

胎児水腫になることはほとんどないそうです。

 

胎児のリンゴ病感染について、厚生労働省の研究班による全国調査が行われたことがあります。

それによると、2011年、リンゴ病に感染した胎児を69人確認したそうです。

その胎児がどうなったかというと、

  • 流産 35人
  • 死産 14人
  • 中絶 3人
  • 出産 17人

という結果だったそうです。

このデータでは、赤ちゃんを無事出産できたのが約3割と、とても厳しい結果になっています。

また、妊婦さんの半数にリンゴ病の症状がなかったそうです。

 

ここで1つ注意していただきたいのですが、この調査結果は

「妊娠中にリンゴ病に感染すると、7割の確率で赤ちゃんがダメになってしまう」

ことを示しているわけではありません。

妊娠中にリンゴ病になったからといって、必ずしもお腹の赤ちゃんに感染するわけではないんです。

リンゴ病になった妊婦さんからお腹の赤ちゃんに感染する確率は「約30%」と言われています。

 

この確率を元に計算してみると、

胎児69人が30%に当たるので、リンゴ病に感染した妊婦さんは230人です。

流産または死産したのが49人なので、約21%になります。

つまり「妊娠中にリンゴ病に感染しても約80%は大丈夫」ということになります。

 

もし妊娠中にリンゴ病に感染した可能性があれば、必ず病院に相談してください。

赤ちゃんの状態をこまめにチェックしてもらう必要があります。

もし胎児水腫になっても、自然に治ることもあります。

赤ちゃんに危険な兆候が見つかったとしても、

胎児輸血や、出産して新生児輸血を行うなどの治療方法もあります。

 

リンゴ病の治療は、対症療法しかありません。

なので、特に妊娠初期~中期の妊婦さんは、リンゴ病に感染しないことが大切です。

リンゴ病は飛沫感染なので、手洗いやマスクが有効です。

 

リンゴ病は、子どもから感染することが多いので、

上にお子さんがいらっしゃる妊婦さんは、十分に気を付けてください。

お仕事などで子どもと触れ合う機会が多い方も注意してくださいね。

 - 健康・医療, 子育て

スポンサーリンク

  こちらの記事もいかがですか?

無題
アメリカで大人気の「レインボールーム」 日本でも売上げ急上昇!

色とりどりの小さなゴムを編んでアクセサリーなどを作る「レインボールーム」。皆さん …

a2a09e249513bb330514cc7e0ad767d8_s
スナック菓子などに含まれる「アクリルアミド」に発がん性 その対策法は?

子どものお菓子だけでなく、トーストや麦茶などからも、発がん性物質「アクリルアミド …

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_s
立ちくらみで倒れる「血管迷走神経性失神」の原因と治し方とは?

頻繁に起こる立ちくらみで困っておられる方必見!自分で簡単に治す方法があるんです。 …

40afbff10578944daf926495b37f24c7_s
子どもの成績が下がる!?親がやってはいけない行動とは?

ついやってしまいがちな親の行動が、子どもの成績を下げる結果に。親のNG行動ワース …

44522781_480x480
【激取りMAX靴ドライ】雨に濡れた靴を素早く乾かすグッズ!

2015年6月3日「ヒルナンデス!」で紹介された、1か月で5,000個も売れたヒ …

4b9a2007c96efce6e368b69b53018ad4_s
【認知症】周辺症状を治療・改善してくれる病院

周辺症状を改善してくれる病院の他、テレビ番組で紹介された認知症の最新情報をまとめ …

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_06_ELF88_kabocyah-thumb-1000xauto-17653
知っておいてほしいハロウィンの「Trick or Treat のルール」

子ども達にとっては、お菓子をたくさんもらえる楽しい行事ですよね。でも、トリックオ …

無題
自宅でできる検査キット人気No.1「がんリスクチェッカー」とは?

難しい?痛い?精度は?自宅でできる血液検査キットの気になることについてまとめまし …

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s
頭痛の原因と対策 – 対処法を間違えると悪化させる可能性が!?

偏頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛など、日本人の4人に1人が頭痛で悩まされているそうで …

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_06_DI_IMG_5648-thumb-1000xauto-17815
体臭の種類と改善法 – 女性も加齢臭に注意です!

体臭の種類は大きく分けて3つあります。それぞれの特徴と予防法についてまとめました …

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>