気になる話題・オススメ情報・お役立ち情報などを書いています。

*

新国立競技場のデザイン変更?問題はキールアーチ構造の屋根

      2015/09/08

なぜデザインの変更が求められているのでしょうか?



スポンサーリンク



gazou1

 

ザハ氏がデザインした新国立競技場。

建設費が高すぎる・工事に時間がかかるなど、大問題になっています。

 

問題の要因となっているのは、屋根の構造です。

 

屋根の何が問題なのでしょうか?

建設は可能なのでしょうか?

 

1級建築士の森山高至さんによると、ザハ氏のデザインには構造的に無理があるそうです。

先日の「ひるおび!」で、森山さんが新国立競技場について解説されていたので、

内容をまとめてみました。

※他の番組で解説されていた内容も追記しています。

 

キールアーチ構造とは?

新国立競技場のデザインを見ると、屋根の形がとても印象的ですよね。

この屋根は、キールアーチ構造となっています。

下の画像でいうと、赤い部分がキールアーチです。

gazou2

 

新国立競技場のキールアーチは、長さが約370m・重さが約3万トンにもなります。

全体の構造はこのようになっています。

IMG_1524

 

キールアーチは地上だけでなく、実は地下まで繋がっているんですね。

 

キールーアーチは鉄でできています。

弓のように曲げられているので、元に戻ろうとする力が働きます。

それを支えるものが「タイバー」です。

このタイバー、地下鉄のトンネルくらいの大きさがあるそうです。

 

しかも、この辺りは地盤が軟らかいので、30mも地面を掘って設置する必要があるのだそうです。

30mというと、マンションの10階位の高さですね。

それだけの深さの地面を掘るとなると、かなり大変な工事になることが予想されます。

 

そして、約60m離れたところには、地下鉄大江戸線「国立競技場駅」があります。

この点について森山さんは、距離が近すぎるので、

補強など地下鉄がらみの工事が必要になるのではないかと指摘されていました。

 

建設費用の問題

ザハ氏デザインの新国立競技場を建設するためには2,520億円、

実際にはそれ以上の費用がかかるのではないかと言われています。

莫大な費用がかかることで、大問題となっています。

 

森山さんによると、実はこの費用のうち、約1,500億円がキールアーチの建設費なんだそうです。

(正確には、キールアーチだけで1,500億円程度かかってもおかしくないと説明されていました)

※JSCの資料によると、2,520億円中、キールアーチを含む屋根の予算は950億円となっています。

 

キールアーチの屋根は、新国立競技場の象徴的なものとなっていますが、

森山さんは「キールアーチは必ずしもスタジアムに必要なものではない」と指摘しています。

しかも、頭でっかちすぎて、大雪・強風・地震に弱い構造物になってしまう恐れがあるそうです。

※キールアーチは、地上70m、地下30mの構造物です。

 

基礎の問題

基礎工事の方法には、直接基礎杭基礎があります。

「直接基礎」というのは、固い地盤に基礎を置く方法です。

「杭基礎」というのは、固い地盤に杭を打って固定する方法です。

 

旧国立競技場の基礎は「杭基礎」でしたが、

新国立競技場の基礎は「直接基礎」となっています。

 

旧国立競技場は、上の建物は解体されましたが、まだ地面の下には杭が残っています。

現在、新国立競技場の設計が決まっていないので、むやみに杭を抜けない状態となっています。

 

杭を取り除くには、1本あたり100万円程度の費用がかかるそうです。

森山さんによると、最大で1万本程度の杭が残っている可能性があるとのことなので、

杭を取り除くだけで100億円もかかる計算になります。

そして、杭抜き作業に1年位かかってもおかしくないそうです。

 

現在残っている杭を再利用することもできますが、

そのためには、杭を再利用できるような設計にする必要があります。

また、現在残っている杭を綿密に調査して、

新しい建物を支えられるか計算する必要もあります。

 

建設発生土の問題

キールアーチを設置するためには、地面を30m掘る必要があります。

すると、大量の残土が発生します。

森山さんによると、その量は180万㎥にもなる可能性があるとのことです。

 

数字だけ見てもイマイチわかりませんが、10トントラックで処理するとすると、

  • 1日100台で、10年
  • 1日1000台で、1年

かかる計算になります。

 

ちなみに、1日1000台のトラックは、トラックドライバーなどの組合によると、

「日本中から集めないと難しい」そうです。

 

そして、残土の全てを産業廃棄物として処理するとなると、約720億円かかるそうです。

 

 

以上です。

ザハ氏デザインの新国立競技場、建設するのは技術面でも費用面でもかなり大変そうです。

ザハ氏自身が「これを本当に建てるのか?」と言ったなんていう話もあります。

 

現在、この状況を案じた世界的建築家の槇文彦さんのグループが見直し案を発表し、

「2本のキールアーチを建設しなければ、工期・費用を大幅に抑えられる」

と提案しています。

 

槇氏デザインの新国立競技場は、ザハ氏デザインのものよりシンプルで、

若干見劣りする感は否めません。

でも、現実的なのはこちらでしょうね。

それに、ザハ氏デザインのスタジアムは、周囲の景観に馴染まないとの批判もあります。

 

各国のオリンピックのメインスタジアムは、500億円前後で建設されています。

借金が増え続けている今の日本で、スタジアムに2,500億円もかける余裕がどこにあるのでしょうか?

 

新国立競技場の建設は、着工予定が「2015年10月1日」、完成予定が「2019年5月31日」となっています。

一日も早い決断が求められます。

 

ちなみに、新国立競技場の「屋根」と書きましたが、実際は屋根ではないそうですよ。

正しくは「開閉式遮音装置」と言うそうです。

 

番組で解説されていた森山さんのブログはこちらです

建築エコノミスト 森山のブログ

設計図などを元に、かなり詳しく解説されています。

これを読むと、ザハ氏デザインの新国立競技場が、いかに無謀なものなのかがよくわかります。

 

【関連記事】

新国立競技場は、キールアーチ構造維持で決定か

 - 気になるニュース

スポンサーリンク

  こちらの記事もいかがですか?

無題
道の駅「発酵の里こうざき」がオープン!オススメの商品は?

2015年4月29日(水)14:00、千葉県神崎町に新しい道の駅がオープンします …

141692583585112078180_140210-gadget-drone-1453_a8d2d5455da6d86789192edb1b120939
ドローンの使い道 – ドローンを禁止にできない理由とは?

今年に入ってから大きく注目されたドローン。その危険性が明らかになりましたが、ドロ …

無題
【MERS】日本で感染者が出たらどうなるの?

韓国で多数の感染者が出ている「MERS(マーズ)」。日本でも感染者が出てしまうの …

無題
DASH島はこれからどうなる!?目指すのはこんな島!【画像】

「鉄腕ダッシュ」でTOKIOが開拓する「DASH島」。その壮大な未来予想図に驚愕 …

無題
滋賀県栗東市にコストコができるってホント!?

コストコの出店計画が前向きに動いているそうです。地元では去年から噂はあったようで …

無題
「スターウォーズ:エピソード8」の公開日と今後の予定は?

エピソード7が2015年12月18日に公開されますが、早くもエピソード8の公開計 …

無題2
今いくよさん 胃ガンで近く手術の予定

今いくよさんに胃ガンが見つかったというニュースが流れました。4/17 現在の病状 …

無題
ドラマ「陰陽師」の清明役に市川染五郎!野村萬斎を超えられるか!?

この夏、ドラマスペシャル「陰陽師」がテレビ朝日で放送されます。主役・安倍清明を市 …

無題
関根麻里さん、今日で「ZIP!」卒業!お疲れ様でした!

「ZIP!」が始まって以来、総合司会を勤められてきた関根麻里さん、今日番組を卒業 …

無題
ムーミンの切手に予約殺到!ネットでは発売前に再入荷待ちに!

明日発売のムーミンの切手は、やはり大人気のようです! スポンサーリンク 2015 …

スポンサーリンク

Comment

  1. momo より:

    大阪駅前に8万人の国立球技専用スタジアムを建てれば良かったのに。あれが建ってれば新国立の巨大化は食い止められたような気がする

  2. ブログ管理人 より:

    大阪では、梅田北ヤードスタジアム構想というのがあったんですね。
    2022年FIFAワールドカップの招致を視野に入れて、8万人収容のスタジアムを建設する計画がありましたが、落選したことで実現しなくなりました。

    新国立も「8万人収容」というのがポイントでしたね。

    旧国立は補修すれば、まだ十分使用できたという話もあります。
    大阪の構想は2009年なので、もし実現していたら、今みたいなことにはなっていなかったかもしれませんね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>