気になる話題・オススメ情報・お役立ち情報などを書いています。

*

葛根湯 良く効く人と効かない人

      2015/09/15

なぜ人によって効果があったりなかったりするのでしょうか?葛根湯の力を引き出す飲み方や、相性の悪い食べ物などもご紹介します。



スポンサーリンク



「風邪には葛根湯」と言われるくらい、葛根湯は風邪薬としてポピュラーですよね。

でも、葛根湯って「効く!」という人と「効かない!」という人がいませんか?

私も飲んだことがありますが、期待していたほどの効果を感じたことはありません。

実は葛根湯には、風邪のタイプや飲むタイミングによって、効く場合と効かない場合があるんです。

 

葛根湯が効くのは、こんな風邪

風邪には「寒さからくるタイプの風邪」と「熱が強いタイプの風邪」があります。

葛根湯は、悪寒がするなどの「寒さからくるタイプの風邪」に効果を発揮します。

逆に、体が熱っぽい・のどが痛い・口が渇いて冷たいものが飲みたくなる、などの「熱が強いタイプの風邪」には効果がありません。

こちらのタイプの風邪には「銀翹散」(ぎんぎょうさん)という漢方薬が効きます。

 

葛根湯を飲むタイミングとは?

・ゾクゾクっと寒気がする
・首筋や背中がこる
・頭痛や筋肉の痛みがある

このような風邪の初期症状の段階で飲みます。

すでに発汗があったり、発熱が始まってからでは遅く、葛根湯の効果は望めません。

 

葛根湯の効果的な飲み方とは?

空腹時に葛根湯を飲むと吸収がいいので、食間(食事後2~3時間後)に服用します。

液体タイプはお湯で割って、顆粒や粉タイプはお湯に溶かして飲みます。

お湯割りができなければ、葛根湯を飲んだあとで、温かいお茶や生姜湯などで体を温めてもOKです。

葛根湯は風邪の引き始めに飲むお薬なので、2日間(5~6回)を目処にします。

飲み方のポイントは、「発汗するまで飲み、汗が出始めたら服用をやめる」です。

 

葛根湯に向いていない人

・虚弱体質の人
・胃の弱い人
・汗っかきの人

また、以下の人は注意が必要です。

・循環器系に病気または既往歴のある人(高血圧、心臓病、脳卒中)
・腎臓病
・排尿障害
・甲状腺機能亢進症のある人

 

葛根湯の主な副作用

胃の不快感、食欲不振、吐き気、吐く、動悸、不眠、発汗過多

尿が出にくい、イライラ感、発疹、発赤、かゆみ

詳しくは「お薬110番「葛根湯」」などをご覧ください。

 

葛根湯と食べ合わせ

・赤身魚(マグロ、カツオ、ブリ、サンマ、サバ、イワシ、アジなど)

・赤身魚の加工品(開き、照り焼き、フライ、竜田揚げなど)

これらを食べた後に葛根湯を飲むと、ヒスタミン中毒を起こす可能性があります。

 

なぜヒスタミン中毒になるの?

赤身魚には「ヒスチジン」という物質が多く含まれているのですが、ヒスチジンは魚に付着する微生物の作用を受け、ヒスタミンに変化します。

ある程度のヒスタミン量なら、ヒスタミンを代謝する酵素の働きで体内にあまり吸収されないのですが、ヒスタミン量が多かったり、酵素がうまく働かなかったりすると、ヒスタミン中毒が起こります。

葛根湯は、このヒスタミンを代謝する酵素の働きを阻害するため、ヒスタミンが体内にたまってしまいます。

ヒスタミンに対する感受性は個人差が大きく、中毒を起こすヒスタミン量は人によって違うのですが、過去の事例に基づく調査では、「22~370mg/100g」と報告されています。

 

ヒスタミン中毒の症状

食べてから数分~1時間で、顔面紅潮(特に口の周りや耳たぶが赤くなる)、じんましん、頭痛、発熱、おう吐、下痢などの症状が出ますが、ほとんどの場合、6~10時間ほどで回復します。

重症の場合は、呼吸困難や意識不明になることもありますが、死亡事例はありません。

 

このように葛根湯の作用でヒスタミン中毒が起こる可能性がありますが、

魚の取り扱い方を間違えると、葛根湯とは関係なくヒスタミン中毒になる恐れがあります。

そこで、魚のヒスタミン量を増やさない方法をご紹介します。

 

ヒスタミン食中毒を防ぐポイント

①ヒスタミンは加熱しても分解されないので、ヒスタミンを増やさないことが重要です。

②常温に放置せず、できるだけ早く冷蔵庫、または冷凍庫に入れてください。

③ヒスタミンの生成を抑えるには、冷凍保存が効果的です。冷凍と解凍を繰り返すことは避け、また解凍する時は、常温ではなく冷蔵庫で行ってください。

④ヒスタミンが増えていても、見た目やにおいでは判断できません。食べたときに、唇や舌先にピリピリとした刺激を感じたら要注意です。

⑤白身魚から発症するケースも稀にあるので、赤身魚同様に注意してください。

 

ヒスチジンからヒスタミンへの変化は、魚の鮮度が落ちるほど進み、古い魚ほど多くのヒスタミンを含んでいます。

冷蔵庫に入れていても、長期間の保存でヒスタミンの量が増えることがあるので、できるだけ早く食べることが大切です。

 

以上です。

私が葛根湯を飲んでも効かなかったのは、風邪のタイプが違ったからみたいですね。

でも、風邪タイプとタイミングが合えば、とても即効性のあるお薬みたいなので、

常備薬として用意しておいてもいいかなと思いました。

 - 健康・医療

スポンサーリンク

  こちらの記事もいかがですか?

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_05_HOTE86_tukaretenecyatta15111240-thumb-1000xauto-14695
【睡眠関連摂食障害】寝ている間にものを食べていませんか?

夜、無意識に起き出して食べる「睡眠関連摂食障害」の原因と予防法をまとめました。 …

3f309a017086085b6ce8065d97956002_s
肩こり解消で、熱いお風呂に入ってはいけない理由とは?

多くの人が間違っている肩こり対処法と、お風呂でできる簡単肩こり対処法などを紹介し …

a2a09e249513bb330514cc7e0ad767d8_s
スナック菓子などに含まれる「アクリルアミド」に発がん性 その対策法は?

子どものお菓子だけでなく、トーストや麦茶などからも、発がん性物質「アクリルアミド …

無題
【MERS】日本で感染者が出たらどうなるの?

韓国で多数の感染者が出ている「MERS(マーズ)」。日本でも感染者が出てしまうの …

012821e20261cb1bdcd6a95712fcada2_s
免疫力低下をチェック!免疫力を高める方法とは?

病気から体を守ってくれる免疫力は、年齢とともに低下していきます。どうやったら免疫 …

bbcd6d61d16289a0a51105e3c26bda15_s
桂歌丸さんが腸閉塞で入院 – なぜ痩せすぎで腸閉塞になるの?

歌丸さんの再入院の理由が「腸閉塞」であることがわかりました。原因が痩せすぎとのこ …

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_s
立ちくらみで倒れる「血管迷走神経性失神」の原因と治し方とは?

頻繁に起こる立ちくらみで困っておられる方必見!自分で簡単に治す方法があるんです。 …

46241901
ダイエット甘味料が、糖尿病のリスクを上げる!?

ネイチャー誌で「人工甘味料が、糖尿病になるリスクを高める可能性がある」との論文が …

fc9eac9148edd8730269d28f52b24a7e_s
耳掃除で、鼓膜が破れたらどうなるの?

鼓膜が破れたなんて、大変なことをしてしまったと思ってしまいますよね。痛みは?聞こ …

無題
悪性の皮膚ガン「メラノーマ」 ほくろやシミとの見分け方

2014年09月18日「あのニュースで得する人損する人」、2015年6月19日「 …

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>